Responsive image

 

12月8日12:00より、日本最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、新製品の「熟成バスクチーズケーキ」を先行限定販売いたします。

株式会社ビースリー(代表取締役 田和充久)は、「新しいものを、笑顔が増えるものをどんどん世の中に出していく」というコンセプトに基づき、熟成バスクチーズケーキを開発。

第二弾となる「熟成バスクチーズケーキ」を、2021年12月8日(水)12:00より、日本最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、先行販売いたします。

■製品詳細

ブランド名:熟成バスクチーズケーキ

サイズ:530g

原材料:クリームチーズ、生クリーム、グラニュー糖、全卵、脱脂濃縮乳、バターミルクパウダー(一部に乳成分を含む)

賞味期限:30日

発送方法:こちらの商品は冷凍便でお届け致します。※一部離島への発送は対応できない場合がございます。詳しくはお電話またはメールにてお問い合わせくださいませ。

アレルギー物質:乳・卵

■販売価格

価格:定価¥4,000(税込)
CAMPFIREにてお得な早期割引がございます。
■CAMPFIRE販売期間:2021年12月8日(水)12:00~2022年1月21日(金)23:59:59まで
■販売ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/488219

■熟成により旨味成分が約2倍

時間と手間をかけることで食品の旨みを引き出す技が「熟成」。肉や魚では一般的になりつつある熟成ですが、水分量と糖分が多いスイーツにには不向きとされてきました。

一般的に、熟成というのは約40~50℃の状態を長く保つことが必要です。しかし、ケーキをそのような高温に晒したら腐ってしまいます。そのため、業界ではタブー視されていたのです。

それでもビースリーは、チーズケーキの限界を超えるために、温度や湿度、熟成時間などの条件を変えて300回以上もテストを繰り返しました。

さらに、10℃以下で熟成できる専用の機械を導入。食材の鮮度を落とさず、熟成させることに成功しました。

ビースリーは「熟成の効果をなんとかしてネット上でも伝えたい」と考えた結果、美味しさを数値化することにしました。そこで、成分分析を専門に行うdot science株式会社様の協力を得て、熟成バスクチーズケーキを成分分析しました。

その結果、熟成バスクチーズケーキは、熟成によって旨味成分が約2倍に増えていることがわかりました。

熟成によって増えたのは、旨味成分と言われる「グルタミン酸」。専門機関のレポートによると、なんと旨味成分のグルタミン酸含有量が、熟成前後で約2倍になっているのです。濃厚な旨みは、ひと口食べた瞬間にわかります。

そして、チーズケーキの口当たりを左右する粘性に関しては、熟成前後で約8倍に増加していることがわかりました。

この特徴は、冷凍でお送りするスイーツにとっては非常に大きなメリットを生み出します。非熟成のチーズケーキでは、解凍後に断面が少しパサパサしてしまいます。

しかし、熟成バスクチーズケーキは解凍後、断面が密でしっとりしているのです。熟成によって水分が抜けることで、チーズケーキ内部の組織結合が強まったのです。

■完全グルテンフリーを実現

熟成により粘性が増したバスクチーズケーキは、小麦粉を使わなくてもふっくらと仕上げることが可能。その結果、完全グルテンフリーを実現しております。

アレルギーを気にすることなく、子供から大人まで美味しくお召し上がりいただけるバスクチーズケーキです。

■販売ページはこちら

価格:定価¥4,000(税込)
CAMPFIREにてお得な早期割引がございます。
■CAMPFIRE販売期間:2021年12月8日(水)12:00~2022年1月21日(金)23:59:59まで
■販売ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/488219

■最新情報は公式Instagramで配信中

公式Instagram:https://www.instagram.com/agingcheesecake/

■会社概要

株式会社ビースリー

我々、株式会社ビースリーは「新しいものを、笑顔が増えるものをどんどん世の中に出していく」という目標を掲げて日々活動しています。

2016年にタイで出店した「しろくまやカフェ」は、タイという異国の地で、現地の人を笑顔にすることに成功しました。

現地の方の憩いの場として、多くの方が連日ご来店されています。しかし昨今のコロナ禍で、外出の機会が激減。しろくまやカフェでは、いち早くおうち時間を楽しめるテイクアウト商品の開発に着手しました。

「外に行けない」「美味しいものを食べたい」という想いは、日本でもタイでも変わりません。

ネット販売なら、おうち時間を楽しめる食品を全国に住む方に提供できると思い、今回日本国内に製造工場(ラボ)を設立。

ラボで開発する商品は手作りにこだわり、少量生産だからこそできる手間を惜しみなく注ぎました。

第一弾として、ショコラ研究所のガトーショコラを発売。先行販売を行ったMakuakeでは、応援購入総額4,019,750円を達成、目標達成率は1339%となりました。

今回発売する熟成バスクチーズケーキは、その第二弾となる商品です。

ビースリーでは、今後も次々とお客様を笑顔にする新商品を発売していきます。