Responsive image

先日チーズケーキでの検索が増えていますと書いたのですが、
その後もう少し詳しく調べてみました。
検索って普通に使っていますが、生きているようで
ついつい一喜一憂してしまいます。

検索結果から私たちのサイトに来たキーワードランキング

1位 熟成バスクチーズケーキ
2位 チーズケーキ
3位 バスクチーズケーキ
4位 グルテンフリー チーズケーキ
5位 熟成バスクチーズ

でした。

熟成バスクチーズケーキで検索して頂く方が多いという事は
半年前は全くなかったのに、熟成バスクチーズケーキで検索をする人が少しずつ増えてきていて
私どもをどこかで知っていて調べてくれているって事なんじゃないかなと思っています。

2位のチーズケーキは多分私どもを全く知らない方が、たまたまチーズケーキと検索していて
上の方に出ていたので何だろうって押してくれて来てくれたんだと思います。

これって凄く嬉しい事です。
わくわくドキドキします。

チーズケーキを売っているお店って日本中いっぱいありますし、
有名店も、地域密着のお店も、通販で有名なお店もあります。
チーズケーキはベイクド、レアチーズ、バスクチーズケーキ、
もっと詳しく分けるとNYチーズケーキ、スフレ、なんかもあります。
チーズケーキってその総称なんです。

これからは私たちを全く知らない人がHPに来てもらって
どう知ってもらえるか、理解してもらえるかを悩みたいと思います。

今回4位に入ったグルテンフリー チーズケーキってキーワードですが
やはりグルテンアレルギーで小麦粉を食べれないけれど
美味しいものを探している人が多いって事だと思います。

アレルギーは本当につらいと思います。
私の息子もかなり強めの卵白アレルギーです。

アレルギーはその食材を入れない事はもちろんですが
私どものようなお金をだして頂くチーズケーキのお店としては、小麦粉は入っていないだけでなく
美味しいチーズケーキをお届けしたい、しなければと思っています。

小麦粉を抜く事によりチーズケーキは粘性が下がります。
グルテンという小麦粉が持つ粘り気がスイーツにねっとりさせる繋ぎになってくれます。
粉を入れないと良いところは粉っぽさがなくなり、なめらかさがあり、グルテンフリーとして売り出すことが出来ます。
健康的に見えても美味しくないなら意味がありません。

やはりバスクチーズケーキの良さは高温(200度前後)で焼く事により
外は焦げ気味だけど中は柔らかい食感になります。

火入れをあまりしていないととろけているように見えますが、
常温にすると流れ出る火が通っていないチーズケーキになってしまいます。

粉無しのグルテンフリーでなめらかさを維持してねっとりとした粘性を出す為に、
焼く温度を変えたり、湯銭したり、チーズに入れる生クリームの量を変えたりもしました。

そこで熟成にたどりつきました。

熟成に関しては詳しく、また書きたいと思います。
書き出すと止まりません(笑)

完全粉無しのグルテンフリーでも熟成により8倍以上の粘性を出す事が可能になりました。

これは私の考える目指すチーズケーキである
1,チーズケーキらしくチーズの味が引き立つ
2,食べた後にねっとりとした食感がある
3,甘すぎない
4,口の中にざらつきがない

この2と4が達成できるという事だと思います。

グルテンフリーだけど美味しいというのではなく、
美味しいものがグルテンフリーだったというのを目指しています。

チーズケーキは何回試作しても、何種類食べても、他の店で食べても
凄く奥が深く、難しいです。

チーズケーキで検索して初めて私たちを知ったお客様が
バスクチーズケーキを知らなくても
誰も知らないお店が、グルテンフリーで最高のチーズケーキを目指して焼いているのを
少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

うちのバスクチーズケーキを食べて、私が目指したケーキになっていて
それがお客様の笑顔が増える事になったら最高です。

チーズケーキのお取り寄せなら

GoogleMAPSの口コミも168件まで来ました。
口コミは私たちの活力の源です。

熟成バスクチーズケーキの口コミはこちらから

皆さんいつも本当にありがとうございます。
毎日感謝して焼いています。

前回のチーズケーキの検索増えていますはこちら